So-net無料ブログ作成
検索選択

普天間移設で閣僚会議、沖縄負担軽減策詰める(読売新聞)

 政府は10日午前、沖縄県の普天間飛行場移設問題に関する関係閣僚会議を首相官邸で開き、政府案について詰めの調整に入った。

 鳩山首相と平野官房長官、北沢防衛相、岡田外相、前原沖縄相が出席した。

 政府案は、移設先と沖縄の負担軽減策を組み合わせた「パッケージ」で示される方向だ。移設案に関しては、同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正した杭打ち桟橋方式の滑走路を造り、併せてヘリコプター部隊の一部を鹿児島県・徳之島に移駐することが軸。これに加え、普天間飛行場や米軍嘉手納基地でのヘリや航空機の訓練を徳之島空港や全国の米軍、自衛隊基地に分散させることも検討している。

 負担軽減策は、沖縄県が政府に要望している〈1〉漁業に支障をきたしている沖縄本島東側の米軍訓練水域「ホテル・ホテル区域」の一部解除や訓練期間の縮小〈2〉鳥島・久米島の射爆撃場返還――などが盛り込まれる方向だ。

 政府は週内にワシントンで開かれる日米実務者協議でこうした案を提示する一方、沖縄側には17日以降で調整中の首相の再訪問時に仲井真弘多知事らに説明する。米側との交渉で一定の合意ができれば、首相が繰り返してきた「5月末決着」としたい考えだ。「決着」期限について、平野長官は関係閣僚会議に先立つ記者会見で、「決着の仕方はいろいろある」と語った。

 首相は10日朝、首相公邸前で記者団に、閣内から5月末決着にこだわる必要はないとの意見が相次いでいることについて、「5月末は、私が国民に申し上げているから変えるつもりはない。みんなで『これで、いこう』という方向を必ず出したい」と強調した。

 一方、連立与党を組む社民党の山内徳信参院議員(沖縄県出身)は関係閣僚会議開催に合わせ、首相官邸前で街頭演説を行い、杭打ち桟橋方式案などへの批判を展開した。その後、同党の服部良一衆院議員も県外移設を求める演説を行った。

5道県議会で予算案に異議=統一選にらみ独自色−民主系会派(時事通信)
米運輸長官に新幹線売り込み=日本の技術力アピール(時事通信)
夏日 兵庫・豊岡29.4度 和歌山・白浜は海開き(毎日新聞)
たちあがれ日本、中畑氏の擁立発表(産経新聞)
児童ポルノサイト遮断、年度内に=法的課題を整理−総務相(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。