So-net無料ブログ作成

感染判定は「今週がめど」=優良種牛5頭の口蹄疫検査―赤松農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は1日の閣議後会見で、宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題での、優良種牛5頭の取り扱いについて、「新たに感染すれば別だが、(検査で陽性が)出なければ、かかっていなかったことになる。今週がめどだ」と述べた。遺伝子検査で4日まで陰性が続いた場合、農水省は専門家の意見を踏まえ、その後の対応を検討する方針だ。
 特例的に避難させた優良種牛5頭への遺伝子検査は、5月22日に別の種牛1頭に感染の疑いが判明してから始められ、28日に6月4日までの延長を決めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
宮崎の種牛、49頭の殺処分終わる=優良5頭の無事祈る
首相、1日に宮崎視察=口蹄疫対応で知事と会談

女性と接触、一時運転見合わせ=山陽新幹線、新尾道駅で(時事通信)
<鳩山首相辞任>地元・北海道 落胆と失望(毎日新聞)
「逆風」の強さ肌で感じ「参院の乱」…検証3(読売新聞)
菅氏が立候補を正式表明 党再生に意欲 民主党代表選(産経新聞)
民主、国新が党首会談=連立めぐり協議(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。