So-net無料ブログ作成

<貞観地震>震源域「宮城県沖」より広く…9世紀(毎日新聞)

 9世紀中ごろに東北から北関東の広い範囲に津波をもたらした「貞観(じょうがん)地震」の震源域が、宮城県沖から福島県南部沖まで長さ200キロ、幅100キロに達する可能性のあることが、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの解析で分かった。規模はマグニチュード(M)8.4と推定され、国が想定する宮城県沖地震(M7.5前後)の震源域より大きく南側に広がる未知の海溝型地震だった可能性がある。24日午後に千葉市で開かれている日本地球惑星科学連合大会で報告する。

【津波避難の注意点】高台へ、車で逃げない、貴重品はあきらめる

 研究グループは、宮城県石巻平野から福島県中部沿岸にかけての津波の痕跡調査を基に、コンピューター上で地震と津波を再現して震源域を検証。その結果、10パターンある仮定震源域のうち、最も大きな長さ200キロ、幅100キロの場合のみ、震源の深さを変えても痕跡の位置まで津波が浸水することを確認した。周期は特定できていないという。

 宮城県沖では、平均約37年周期でM7クラスの海溝型地震が発生。国の地震調査委員会は30年以内にM7.5前後の地震が発生する確率は99%と予測している。一般的に地震の規模と震源域の断層の長さとは一定の関係があり、M7で30〜40キロ、M8で100〜150キロといわれる。

 産総研の行谷佑一研究員は「宮城県沖でこれほど大きな地震が起きるとは考えられていなかった。より広い範囲で詳細な検討が必要だ」と話す。【八田浩輔】

 ◇貞観地震◇

 869(貞観11)年7月に発生。平安時代の歴史書「日本三代実録」には、仙台平野周辺で建物が崩壊し、津波で1000人の水死者が出たと記録されている。地震で生じた津波は北関東までの広い範囲に及び、仙台平野では現在より1キロ陸側にあったとみられる海岸線からさらに3キロ内陸で、津波の痕跡が見つかった。

【関連ニュース】
災害情報:公式ツイッターで発信 消防庁
地籍調査:過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ
傷心のシバザクラ6000株 地すべりがあった斜面に咲く 兵庫・西宮
<写真で見る>大津波・津波警報に厳重警戒 列島各地が緊迫 2010年2月28日
<写真で見る>日本の津波対策

もんじゅ原子炉、計画通り一時停止(産経新聞)
路上で3人、刃物で負傷=「母親にやられた」と男性―京都(時事通信)
「大阪維新の会」参加期限は6月中下旬(読売新聞)
取り調べの違法一部認定 大阪高裁(産経新聞)
「辺野古」は現行案でない、環境に配慮…首相(読売新聞)

客の保険払戻金を詐取 元郵便局員ら2人を逮捕(産経新聞)

 顧客の保険払戻金約350万円をだまし取ったとして、警視庁千住署は詐欺の疑いで、ともに郵便局株式会社足立郵便局元社員、松下直大(24)=千葉県野田市春日町=と、大黒英樹(35)=東京都足立区足立=の両容疑者を逮捕した。同署によると、2人は容疑を認めている。

 同署は2人が同様の方法で、別の70代女性からも約900万円を詐取したとみて調べている。

 逮捕容疑は平成21年4月上旬、同区内に住む飲食店経営の男性(74)方を訪れ、保険満期払戻金について「利子がいいので外資系の保険にお金を入れておきましょう」と持ちかけて虚偽の書類に押印させるなどし、現金計352万円をだまし取ったとされる。

 犯行は松下容疑者が主導し、詐取した金は高級外車の購入費に充てていた。2人は足立郵便局お客様サービス部の同僚で、松下容疑者は犯行直後の同月下旬に自主退社していた。大黒容疑者は郵便事業株式会社大崎支店の現職社員。

 男性方へ正式な契約書が届かなかったことから不正が発覚、男性が今年1月に詐欺罪で告訴していた。

【関連記事】
便座440台詐取した男を逮捕 転売目的か
詐取金は銀座や赤坂のクラブで散財 「開発設計コンサルタント」元部長代理を逮捕
「全日空商事」元社員ら、8600万円の詐欺で逮捕 架空業務発注
350万円の詐欺容疑などで弘道会系組幹部ら逮捕
被害総額は30億超?振り込め詐欺団ナンバー2を逮捕

「天然塩」「ミネラル豊富」はダメ 表示ルール化「誇大表示になりがち」改善(産経新聞)
郵政法案審議入り 5野党反発し退席 衆院本会議(産経新聞)
口蹄疫で対策本部…牛殺処分徹底・農家支援など(読売新聞)
<J1>清水、引き分け 仙台7戦連続勝ち星なし(毎日新聞)
介護する側を守る法とシステムの確立を(医療介護CBニュース)

普天間移設で閣僚会議、沖縄負担軽減策詰める(読売新聞)

 政府は10日午前、沖縄県の普天間飛行場移設問題に関する関係閣僚会議を首相官邸で開き、政府案について詰めの調整に入った。

 鳩山首相と平野官房長官、北沢防衛相、岡田外相、前原沖縄相が出席した。

 政府案は、移設先と沖縄の負担軽減策を組み合わせた「パッケージ」で示される方向だ。移設案に関しては、同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正した杭打ち桟橋方式の滑走路を造り、併せてヘリコプター部隊の一部を鹿児島県・徳之島に移駐することが軸。これに加え、普天間飛行場や米軍嘉手納基地でのヘリや航空機の訓練を徳之島空港や全国の米軍、自衛隊基地に分散させることも検討している。

 負担軽減策は、沖縄県が政府に要望している〈1〉漁業に支障をきたしている沖縄本島東側の米軍訓練水域「ホテル・ホテル区域」の一部解除や訓練期間の縮小〈2〉鳥島・久米島の射爆撃場返還――などが盛り込まれる方向だ。

 政府は週内にワシントンで開かれる日米実務者協議でこうした案を提示する一方、沖縄側には17日以降で調整中の首相の再訪問時に仲井真弘多知事らに説明する。米側との交渉で一定の合意ができれば、首相が繰り返してきた「5月末決着」としたい考えだ。「決着」期限について、平野長官は関係閣僚会議に先立つ記者会見で、「決着の仕方はいろいろある」と語った。

 首相は10日朝、首相公邸前で記者団に、閣内から5月末決着にこだわる必要はないとの意見が相次いでいることについて、「5月末は、私が国民に申し上げているから変えるつもりはない。みんなで『これで、いこう』という方向を必ず出したい」と強調した。

 一方、連立与党を組む社民党の山内徳信参院議員(沖縄県出身)は関係閣僚会議開催に合わせ、首相官邸前で街頭演説を行い、杭打ち桟橋方式案などへの批判を展開した。その後、同党の服部良一衆院議員も県外移設を求める演説を行った。

5道県議会で予算案に異議=統一選にらみ独自色−民主系会派(時事通信)
米運輸長官に新幹線売り込み=日本の技術力アピール(時事通信)
夏日 兵庫・豊岡29.4度 和歌山・白浜は海開き(毎日新聞)
たちあがれ日本、中畑氏の擁立発表(産経新聞)
児童ポルノサイト遮断、年度内に=法的課題を整理−総務相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。